通信速度の『上り』『下り』とは

ADSL基地局
通信速度の上り・下りについて説明します。

『上り』は、アップロードの通信速度で、

『下り』は、ダウンロードの通信速度です。

ダウンロードは動画を見たり、サイトを見るときに使うパワーなので『下り』の通信速度が速ければ速いほど動画やサイトを開くときに時間が掛からなくてストレスなくインターネットを利用できますね。

スポンサーリンク

それでは、『上り』のアップロードとはどういう意味か?

アップロードは、データ送信の際に必要になってくる通信速度です。

メールなどでデータを送信するときの速度と考えていただければ分かりやすいです。

ADSLの通信速度は、下り最大47Mbpsで上り5Mbpsなので、サイトを見たり動画を再生することを優先した通信環境となっています。

それでもフレッツ光の上り100Mbps・下り100Mbpsの通信速度には負けます。

ADSLは基地局から離れると47Mbps → 30Mbps → 15Mbpsと利用する地域に影響して通信速度が低下します。

フレッツ光はどこで利用しても通信速度が低下しないので高速通信を安定してお客様に提供してくれます。⇒フレッツ光とは

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ