パソコンのリカバリメディアについて

最近のパソコンは購入してもリカバリーディスクがついていないことが多いです。リカバリーディスクとは故障が起きた際にパソコンのシステムを初期状態に復元するもので、OSが立ち上がらないような状況では必要不可欠になります。パソコン内のシステムを復元する機能はパソコンが動いていなければ使用することができません。リカバリーディスクはパソコンを立ち上げるスペアキーの役割も果たしています。

リカバリーディスクが付属しない場合、自分でこれを作成する必要があります。必ず説明書にも注意書きがあるのでそれに従って必ず作成しておきましょう。必要になるのは空のDVDとそれを読んだり書き込んだりできるドライブです。ドライブのほうはたいてい標準装備なので問題ないでしょう。DVDもいまやコンビニでも安く売られています。また、DVDでなくともUSBメモリなどにリカバリを作成することもできます。

スポンサーリンク

最近のメモリは容量が増えてメディアとして十分な機能を持つようになったのでこちらを使用する人も増えています。ドライブが装備されていないパソコンでもUSBは確実に装備されているはずなので、USBメモリのほうが汎用性は高いかもしれません。自分で作成するのが面倒という場合、ほとんどは有償オプションとしてリカバリメディアを追加することもできます。ただし大抵5000円ほどの金額がかかるので、自分で作成できるという方は自力で行ったほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ