パソコンのセルフ故障対策

パソコンを使用しているときのトラブルで一番怖いのは故障です。ある日突然電源が入らなくなった、OSが立ち上がらなくなったという体験をした方もおられるのではないでしょうか。パソコンの故障の原因はあまりにも多岐にわたるため、問題点を切り分けて原因を突き止めるのは不慣れな人にはとても難しいというのが現状です。

パソコンの故障に対しては、誰にでもとれる対策がいくつかあります。少し費用がかかるものもありますが、パソコンは修理に出すと同性能の新品を買えるくらいの費用がかかることもしばしばです。できれば事前に少し出費をしてでも故障を前提とした対処をしておくべきです。

もっとも簡単な対処法は購入した時点で長期保証に入っておくことです。これにさえ加入しておけば、あらゆるトラブルを無料で解決することができます。パソコンの故障が一番起きやすいのは初期不良が発覚する買ってから1年以内とハードディスクや電源などが弱ってくる5年目以降です。通常は1年保証はついてくると思いますが、もしついていない場合はお金を払ってでも保証をつけておくべきです。逆に5年以上の保証は扱っていないところも多く、しかも5年以上の保証代を払うよりも買い直したほうが何かと得なことも多いです。よって最低限は1年保証、より安心したいならば3年保証までつけておくと安心です。

スポンサーリンク

自分でできるハードディスクの故障対策

パソコンの故障原因としてもっとも多いのはハードディスク絡みのトラブルです。ハードディスクは精密機械でありながら駆動部が多く、パソコンの中でもっとも負荷が高いパーツのひとつです。熱や振動にも弱いため経年劣化しやすく、稼働から5年以降は故障が頻発する部分です。

ハードディスクにトラブルが発生した場合、まず考えるべきはデータのコピーです。故障しかけているハードディスクはさらなる読み込みや修復をするとさらに症状が悪化する可能性があります。もし修復を試みるとしてもまずはデータのコピーです。データを救出して壊れても問題ないような状況にしてから修復を試みてください。

これに関連してパソコンを日常的に使用する際に重要になるのがデータのバックアップです。定期的なデータのコピーをとっていれば、ハードディスクが壊れても元の状態に戻してパソコンを使用することができます。現在は1万円程度で外付けのハードディスクも販売されていますから、保険をかけるつもりでデータのバックアップは日常的にとっておきましょう。特定のソフトを使えばOSも含めたクローン(複製)を作成して保存しておくこともできます。これがあれば新品のハードディスクにクローンをコピーしておくだけで元の環境に戻せるため、データの移し替えが面倒な方にはおすすめです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ